PPPoEとIPoE

PPPoE

従来のIPv4インターネット網に接続する際に、主にISPの認証を受けるために使用されているプロトコル。イーサネットフレームをPPPでカプセル化する。ISPから払い出されたユーザIDとパスワードによる認証を踏まえ、インターネットに接続する。

通信速度最大200Mbps。

ISP側の終端装置で収容できるセッション数が決められており、トラフィック増加に伴い遅延の原因になりがち(ボトルネック)。

IPoE

「IPoE方式」として、IPv6インターネット網に接続する際の「接続方式」として語られるが、実際には「IP over Ethernet」のことで、LANで使われるIPネットワーク通信のこと。

PPPoEとは異なり、PPPでカプセル化されることなく、網側の大容量ルータに直接ルーティングされるため、上記のボトルネックを回避できる上、通信速度は規格上最大100GBpsでの通信が可能。

PPPによるユーザ認証方式を採用しないため、アクセスしてきた回線による回線認証を行う。

IPv4 over IPv6

IPv4→IPv6への過渡期である現在のインターネット接続における課題を克服するための通信方式。

IPv4パケットをIPv6でカプセリングし、IPv6網へのIPoE接続方式の恩恵を受けながら、IPv4ネットワークへの接続も担保するために使われる。

v6プラス

日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)が提供する「「IPoE方式」によるIPv6インターネット接続とIPv6ネットワーク上で実現するIPv4インターネット接続のデュアルスタックのローミングサービス」の呼称である。

※JPNEのホームページより抜粋

IPv4/IPv6どちらのサイトでもIPv6 IPoEで接続できる(IPv4 over IPv6)

MAP-E方式により、IPv4パケットをIPv6パケットでカプセル化する。

例えば、フレッツ光ネクスト隼を足回りとしたネットワークを構築する場合

「v6プラス」固定IPサービス

現状このサービスを提供しているVNE事業者はJPNE以外に存在しない?

「v6プラス」固定IPサービスは、「v6プラス」をご利用中のISP事業者において、IPv6インターネット接続利用でもIPv4固定IPアドレスが利用できるサービスです。

※JPNEのホームページより抜粋

「v6 プラス」固定 IP サービス利用時 の FortiGate 設定ガイド

こんな物が公開されていました。

FOS6.4.1で対応した模様。

フレッツを使って、固定グローバルIPアドレスをv4で取得できて、IPoEで接続して下り1Gbps(理論上)を享受できて、FortiGateを利用できるのであれば、快適なサービスが提供できそうです。