こんにちは☆坂口です。

11月7日に合同商談会へ行ってまいりました!

弊社は今回”IoT見える化ソリューション”とタイトルを掲げてブースを出展いたしました。九州唯一のセンチュリーシステムズの正規販売代理店として、センチュリー・システムズ株式会社が開発・販売する「FutureNet」シリーズを展示いたしました。

センチュリー・システムズ株式会社は1985年設立、公共インフラ及び企業向けIoTの豊富な導入実績を誇る老舗の通信機器メーカです


IoTとは今までインターネットにつながっていなかったモノを、インターネットにつなぐことです。“Internet of Things”の略で「モノのインターネット」という意味になります。

従来インターネットに接続されていなかったモノ(センサなど)をインターネットに接続することによって、モノから取得した様々なデータの加工や分析、取得データを利用した新たなサービスを生み出したり、データを見える化し、業務改善に取り組むことが可能になります☆彡

どのような製品を展示したのか、少しご紹介させていただきたいと思います。

FutureNet MA-E300シリーズ

商談会の際には実際に温度計とASシリーズを接続(Enocean通信) 。そこからLTE通信にてクラウド上にデータを吸い上げブラウザから会場の温湿度をリアルタイムにグラフに表示しておりました。(写真がなくてすみません。。。)

 ☆IoT/M2M向け小型linuxアプライアンスサーバ
 ☆マルチキャリア対応LTEモジュール搭載モデル等、通信各社に対応
☆ 低消費電力 高性能 高信頼性 耐環境性 振動対策 3年無償保証(登録制)
 ☆豊富なブート機能、開発サポート
 ☆豊富なインターフェース標準 共通搭載GbitEthernet, USB,SD カード

☆形式変換
 センサからのバイナリデータをJSON、CSV形式など、送信先の仕様に合わせて変換
☆ 演算処理
 データの並び替え
 移動平均や加減乗除などの演算処理
☆ 一時蓄積
 SDカードやSSD搭載モデルにデータを蓄積
 SSDを活用してファイルサーバのように直接参照することも可能
☆ 開発者向けサイトで開発を支援
 製品を活用するためのノウハウを随時追加
 目的別ファーム『MA-E3xx for IoT』や『MA-E3xx for Samba』なども提供
☆ 受託開発
・センサーデータの取り込み、クラウドへのデータ送信のアプリケーション開発の依頼も可能

実用例

イーサネットインターフェースを用いてネットワークカメラ等の画像、動画を送信することができます。
RS-232、RS-485インターフェースを備え、シリアル通信とTCP/IP通信の変換を行うことができます。
MA-E300シリーズでは、データ加工や形式変換、処理・制御演算等も実現できます。


IoTとはなんぞや?!と気になる方はぜひ、ブラウザで活用例など様々な情報が載っているので見てみてください。「こんなことできるの?!」と驚くほど!いまITと人々の生活は切っても切れないものになっています^^事業にIoTを取り入れて、見える化することで業務の効率化や改善に役立ててみてはいかがでしょうか☆彡

話はそれますが、私は今まで看護師として急性期医療を始め、慢性・終末期の病棟でも勤務しておりました。
先進医療や延命の処置の必要性も重々理解しているつもりですが、2025年問題を目前に地域包括ケアが重要とされる昨今で、症状ケアやQOLを高めるためには、切れ目のない在宅医療・介護の重要性を感じております。

今回、IoTに触れたことで医療・福祉×IoTサービスがもっと地域に根付き、IoTで医療と福祉をネットワークでつなげる仕事ができればと考え深く、貴重な経験になりました。

そのためには、、、もっと勉強しなくてはー!!!!
仕事に家事に子育てに、、!!大変と言えば大変なんですが!!いい人達に囲まれ、毎日刺激に溢れ、ワクワクしながら仕事ができている私は幸せ者なんです。照

昨日よりも少しだけ便利!今日も快適!明日はもっとワクワク!を支える ソリューションパートナー

として、私自身もこれからもワクワク楽しみ、誰かを喜ばせられるような人材になれますように☆彡
早く一人前になるぞー!!!

人とビジネスとテクノロジーを有機的に繋ぐ☆ノールネットワークス合同会社