スイッチ間を10Mbps固定でリンクさせる

あるお客様の案件で、通信帯域をあえて10Mbpsに制限した状態でのアプリケーションのレスポンスをテストしたいというご依頼がありました。クライアント端末とサーバ間の経路上にある2台のスイッチ間を10Mbpsでリンクさせ、対応することに。

いざ、それぞれのスイッチのポートを10Mbps/Fullで固定に設定したところ、正常にリンクしない。。。10Mbps/Halfでリンクしてしまっている。。。

すっかり忘れてしまっていたMDI/MDI-Xの存在

Auto MDI/MDI-Xが当たり前になってしまった昨今、新たにネットワークを構築する時にも、スイッチ間をクロスケーブルで接続することはほとんどありません。

スイッチのポート設定も基本的には「Auto Negotiation」に設定します。

ただし、今回の案件のようにspeed/duplexを固定で設定する場合には、Auto MDI/MDI-Xがサポートされなくなってしまいます。

 

対処として上記のスイッチ間のリンクはクロスケーブルで接続する必要があります。しばらくピンと来ませんでした。「何でリンクしないんだ?」と途方に暮れてしまいました。

自分への戒めとして

大切な基本を疎かにした自分への戒めとして、また同じ失敗を繰り返さないための備忘録として、この記事を公開します。

「人」と「ビジネス」と「テクノロジー」を有機的に繋ぐ

ICTソリューションパートナー

ノールネットワークス合同会社 / Knoll Networks LLC

info@knoll-networks.co.jp

長崎県佐世保市崎岡町2720-8 佐世保情報産業プラザ
0956-76-7098